肌 たるみ しわ

オプティマルエイジングという考え方

アンチエイジングからエイジングケアの時代になってきました。健康面でも美容面でも加齢にはとにかく抵抗する、というのではなく、自然なエイジングを受け止めつつ、その中でいかに幸せに生きていくかという考え方が広まりつつあります。
そこで言われ始めているのがオプティマルエイジング。オプティマルは理想のという意味です。


スポンサーリンク


これまで、エイジングケアを語る時に普通に使われてきたアンチエイジングという言葉。アンチは、ネガティブな感情で反対するイメージのある言葉ですよね?アンチエイジングを日本語にすると抗加齢。加齢に抗うという意味で、加齢をよくないものと決めつけているイメージです。
エイジングに関するボルチモアの心理学研究では、加齢にネガティブなイメージを強く持っている高齢者は、認知症や循環器系の病気になりやすい傾向があったそうです。年をとることへのネガティブなイメージが強いと、その思い自体が慢性的なストレスとなり、脳や身体に悪い影響が出てしまい、疾患につながっていくと考えられているそうです。
反対に、ポジティブなイメージを持っていると、長生き、認知機能の向上、病気の予防などにつながっていることも明らかになっているとか。
個人の生活の質=QOL(Quality of Life)を高く保つためには加齢に過度のネガティブイメージを持たないようにしたほうがいいのです。加齢でさまざまな機能低下があったとしても、疾患をもっていたとしても、老化の速度をゆっくりにすることは可能です。
オプティマルエイジングでは、健康状態、人生の満足、人生の意味などを考えることが重要だそうです。オプティマルエイジングとは、自分の人生をより最適なことにする選択、豊かな人生経験や知性に裏打ちされた理想の年の重ね方のことをいいます。
時代はアンチエイジングからオプティマルエイジングに変化しつつあるんです。
スポンサーリンク